佐賀財務事務所は27日、4月の県内経済情勢報告を発表し、総括判断を「持ち直しつつある」とした。前回(1月)から2期連続の据え置きで、全7項目のうち、個人消費や生産活動など6項目で判断を維持している。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加