湘南に敗れ、肩を落とす鳥栖FW金崎夢生選手(中央)、FW豊田陽平選手(右)=鳥栖市のベストアメニティスタジアム(撮影・山田宏一郎)

 サッカー・J1サガン鳥栖はリーグ戦第29節の6日、鳥栖市のベストアメニティスタジアムで湘南ベルマーレと対戦し、0-1で敗れた。2連敗で通算成績は7勝9分け13敗(勝ち点30)となり、16位からJ2自動降格圏の17位に後退した。

 台風25号の影響が心配されたものの、サポーター1万1557人が詰めかけ、選手に必死の声援を送った。鳥栖は後半17分、湘南に先制を許し、FW豊田陽平選手らを投入して猛反撃したが、最後まで得点を奪うことはできなかった。

 リーグ戦は残り5試合。鳥栖は第30節の20日午後2時から、仙台市のユアテックスタジアム仙台でベガルタ仙台と対戦する。

このエントリーをはてなブックマークに追加