システム開発を手がけるオプティム(本店・佐賀市、菅谷俊二社長)は、三養基郡みやき町や町内の農家と連携して、小型無人機・ドローンを活用したスマート農業に取り組んでいる。AIによる画像診断技術を組み合わせ、農薬の使用を極力減らした安全・安心の米作りを目指している。