上映会「カレーライスを一から作る」への来場を呼び掛けるチラシ

 空きアパートの敷地を活用した上映会が13日午後6時から、有田町泉山の銀英荘で開かれる。庭を一晩限りの「野外映画館」にして食材や食器を全て手作りしたドキュメンタリー映画「カレーライスを一から作る」を鑑賞、地元食材を使ったカレーライスも堪能する。

 空き家、空き店舗の活用を進める町地域おこし協力隊の上野菜穂子さんが企画した。

 映画の舞台は、探検家で医師の関野吉晴さんによる大学の課外ゼミ。米やスパイス、食器を作り、家畜を育てるなど、葛藤や挫折を経験しながら全てを手作りした9カ月の記録を通し、食べる、生きるという人間の基本的な営みを見つめ直している。

 料金はカレーライス付きで大人1200円、大学生以下800円、幼児無料。申し込み締め切りは10日だが、30人の定員になり次第締め切る。小雨決行、雨天は14日順延。上野さんは「親子など幅広い層向けの映画を、雰囲気のある会場で楽しんでほしい」と話す。

 申し込みは上野さん(まちのオフィス春陽堂)、電話0955(25)9230かメール、info.aritakara@gmail.com

このエントリーをはてなブックマークに追加