唐津藩士、尾崎俊蔵。小笠原長行の側近で、長行が唐津藩主長国の謹慎命令に背き、慶応4(1868)年3月、江戸を脱出した際にも脱出を手助けし、随行した人物です。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加