佐賀県三養基郡基山町は10月1日から、結婚生活のスタートを支援する「結婚新生活支援補助金」と、再婚希望者をサポートする「セカンド・マリッジ事業」を始める。いずれも町内への定住促進を図る狙いで、少子化対策にもつなげる。

 結婚新生活支援補助金は、結婚に伴う経済的負担を軽減するため、新居の準備費用や引っ越し費用を補助する制度で、補助額は上限30万円。対象は1日以降に婚姻届を受理された34歳以下の男女で、合算所得が340万円以下の夫婦。

 セカンド・マリッジ事業は、再婚を希望する人や再婚者との結婚に理解がある人に登録してもらい、相談会やイベントを実施する。相談会や婚活支援員を介してマッチングを行う。

 両事業とも、問い合わせは基山町定住促進課、電話0942(92)7920。

このエントリーをはてなブックマークに追加