インドネシア・スラウェシ島中部中スラウェシ州で起きた地震で、治療を受ける住民=28日(国家災害対策庁提供・共同)

 インドネシア・スラウェシ島で発生した地震による津波の映像(地元ラジオ局のツイッターより)

 【ジャカルタ共同】米地質調査所(USGS)によると、インドネシア・スラウェシ島中部中スラウェシ州で28日午後6時2分(日本時間同7時2分)ごろ、マグニチュード(M)7・5の地震があった。約3時間前にも同州でM6・1の地震が発生し、気象当局幹部は州都パルなど一部地域で津波が発生したことを確認したと述べた。国家災害対策庁によると、一連の地震で複数が死亡。最初の地震では少なくとも1人が死亡し10人がけがを負った。死傷者数は増える恐れがある。

 同庁によると余震が続いており、多数の建物が倒壊。地元テレビによると、多くの住民が建物の外に避難した。地割れも起きた。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加