原発事故に備え原発周辺自治体が住民に配布している安定ヨウ素剤を巡り、有効期限が切れた薬の回収が課題になっている。福島県いわき市では、回収率が14%にとどまる。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加