目の病気「ドライアイ」は、スマートフォンやパソコンなどVDT(バーチャル・ディスプレイ・ターミナル)機器の画面を見続けるなど目を酷使する仕事や生活スタイルの変化などが原因で、患者数は年々増加し、現在、日本人のほぼ6人に1人(約2200万人)がかかっていると言われています。ひらまつ病院(小城市)の木下明夫眼科部長にドライアイの要因や検査・治療法、予防のために普段の生活で心掛けることを聞きました。

涙の量の減少と質の低下で起こる目の病気

ドライアイは目の病気

 

 「目がシュパシュパする」「目が疲れやすい」といった症状がある場合は、ドライアイかもしれません(表1参照)。
 普段、涙が目の表面を守っています。この涙の量が減少したり、涙に含まれる水分やムチンなどの成分のバランスが崩れたりして、涙が目の表面に均等に行き渡らなくなる病気を「ドライアイ」といいます。涙は目の乾燥を防ぐだけでなく、栄養や酸素の供給、殺菌や洗浄、異物から目を守ることに加え、角膜表面を滑らかにしてきれいな画像が脳に届くのを助ける働きもあります。ドライアイをそのままにしておくと、それらの機能に支障が出て、知らない間に目を傷つけてしまう場合があります。

目の酷使で涙の量減

 ドライアイの要因はさまざま。▽1日何度も携帯メールをする▽仕事で長時間OA機器を操作する▽数時間続けてゲームをする▽パソコンで長時間ネットサーフィンをする。これらの人は要注意です。人は、涙の分泌を促して目の表面全体に行き渡るようにするために、1日約1万5千回のまばたきをします。しかし、パソコン画面を長時間見続けるなど目を酷使すると、まばたきの回数が減ってしまいます。その結果、涙の分泌量は減少します。またエアコンの使用で乾燥した室内環境やコンタクトレンズの長期間装着、さらに加齢に伴う涙の分泌量や質の低下で、目が乾燥しやすい状態になります。ドライアイが進行すると視力低下や、角膜が乾燥して傷付くこともあります。
 ドライアイにはシェーグレン症候群や膠原病といった自己免疫疾患などの病気が隠れていたり、一時的な目の不快感とは区別がしにくいこともあります。少しでも不快感がある場合は、眼科医の検査をおすすめします。

診断基準は眼不快感、視機能異常などの

自覚症状と涙液層破壊時間が5秒以下

 

 ドライアイの検査として涙液の質の異常を簡単に知ることができる検査が、「涙液層破壊時間」の測定です。まばたきを10秒程度我慢してもらって観察すると、ある時から涙が角膜上を覆っていない部分が出現し、次第に拡大していきます。この現象を涙液層の破綻といい、これが観察されるまでの時間を「涙液層破壊時間」といいます。正常値は10秒以上で、5秒以下が異常です。涙液層が破綻すると、目を開けているのがつらくなります。眼を10秒以上開けたままにしておくのがつらい方は、ドライアイの疑いがあると考えられます。
 また、涙液の分泌量を測る検査法には、シルマー試験があり、濾紙を下眼瞼にはさみ、5分間でどのくらいの長さまで濡れるかで判定します。10㍉以上が正常で、異常値は5㍉以下です。シェーグレン症候群のドライアイでは、濾紙がまったく濡れない「0㍉」という方も少なくありません。

主な治療は点眼液と涙点閉鎖

 涙は水分とムチンという成分を含む「液層」と、表面を覆う「油層」の2層でできています。分泌や生成を促すように直接作用する点眼液が開発されて、患者さんの涙の質に合わせた治療が可能になりました。また、当院では、涙をとどめやすくするように涙の排出口である下まぶたの目頭にある「涙点」にプラグを挿入する涙点閉鎖や、加齢による結膜の緩みで涙を留めにくい場合は、結膜弛緩症手術なども行っています。
 ドライアイ予防のために、意識的にまばたきすることや、エアコン使用の部屋では加湿することをお勧めします。コンタクトレンズの人は、ドライアイ専用の眼鏡をするなどの工夫もあります。ドライアイが命にかかわることはありませんが、慢性的な不快感がありますから、生活のクオリティーを高める意味でも一度、検査をして、適切な治療を受けてください。 


ひらまつ病院 眼科部長

木下  明夫

 

きのした・あきお 医学博士。日本眼科学会(専門医)、日本涙道涙液学会、小児眼科学会、ドライアイ研究会、日本眼科手術学会、日本白内障屈折矯正手術学会、日本斜視弱視学会、日本眼炎症学会など所属。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加