日本人の2人に1人ががんにかかり、3人に1人ががんで亡くなるなど、世界有数の「がん大国」日本。「いかに早くがんを見つけて治療するかが重要。それを可能にするのは健康診断や検診を受けること」と、定期的な健康診断やがん検診の重要性を呼び掛ける福岡病院の福岡英信理事長兼院長。同院は、PET-CTや大腸CTCなど最新の機器を備え、効果的に全身を調べる健康診断やがん検診を実施しています。あらためて検診の大切さと早期治療の重要性について聞きました。

定期検診を生かそう!

症状現れる前に発見を

 長年、日本人の死因第1位を占めているがんが恐ろしいのは、症状が悪化するまで表に出ないという点です。だからこそ症状が現れる前に早期発見・早期治療することが大切で、がんがごく小さい段階で発見できれば転移を防ぎ、治癒率も大幅に上昇します。
 がんを治療できれば、肉体的・精神的負担はもちろん、抗がん剤などの治療にかかる経済的負担も少なく済みますし、何より命を守れます。これを可能にするのは、定期的な健康診断やがん検診しかありません。

主治医の使命 積極的に来院促す

PET–CTで見つかった膵頭部がん

  50人以上の労働者がいる事業所に健康診断の報告を義務化したり、健診受診率が保険料率の増減にも影響するなど国も健康づくり対策に力を入れています。ただ、個人の意識は決して高いとは言えず、「義務だから受ける」という人や、受けただけで安心し結果を見ない人も少なくありません。せっかく出た結果を生かさない手はありません。
 異常が見つかった場合、以前は患者が来るのを待っていましたが、今は患者に対し積極的に来院を促しています。おせっかいと言われても地域の  主治医  の使命として患者の健康を細やかに管理することが重要なのです。脂質異常だと「脳梗塞」や「心筋梗塞」に繋がる恐れがあり、血便だと「大腸がん」などの病気が疑われます。検査結果の異常は病気を早く治療できるチャンスなのです。速やかに次の検査や治療を受けましょう。

全身受けることが大事

大腸がんPET-CT画像(左)と大腸CTC画像(右)

 がんは全身のあらゆる場所に発生する可能性があります。「がん家系でないから」「父が大腸がんだったから大腸がんだけを」などと自己判断せず、検診では全身を総合的にチェックしてください。当院では最新機器を使い全身を精密に検査する検診プランを勧めています。
 有用なのがPET-CTによるがん検診。がん細胞がブドウ糖を多く取り込む特徴を生かした検査で、病変の性質などがんの詳細な情報をとらえます。約2時間で全身のがんを一度にチェックし、ごく初期のがんも発見できます。早期胃がんや腎がんなど発見が困難ながんもありますが、超音波やMRI検査などを併用し、発見の精度を上げています。
 近年、食生活の変化などで増加傾向にある大腸がんの検査は、内視鏡検査の恥ずかしさや痛みなどで敬遠する人もいますが、当院の大腸CTC検査は内視鏡を使わずガスで腸を膨らませ、体外からCT撮影をして診断します。時間も15分程度と短時間で済み、内視鏡に比べて苦痛も少なく、見つけにくい大腸がんの早期発見につながっています。

若い世代にも骨粗しょう症の懸念

 健康寿命を長く保つには、骨粗しょう症のチェックも大事です。骨がもろくなると、わずかな衝撃でも骨折しやすくなります。それが原因で寝たきりになることもあります。がんと同様、痛みがないまま進行するため、背骨の圧迫骨折に7、8割の人が気づかなかったという事例もあります。閉経後の女性や高齢者に多い症例と言われますが、30~40代の若い世代にも予備軍がいることが分かっています。定期的に骨密度を測定し、骨量の減少を早めにキャッチして治療することが大切です。
 繰り返しになりますが、健(検)診に勝る対策はありません。「自分の命は自分で守る」という意識を持ち、少なくとも年に1度は受けるようにしましょう。

【MEMO】

気になる部位を網羅する多彩な健診メニュー
 当院の全身PET-CT検査やMRI、エコー検査などを総合的に行う「総合健診ドック」は、女性の乳がん検査や子宮頸がん検査まで含まれます。これ以外にも大腸CTC検査、骨密度検査、肝臓の硬さを測る「フィビロスキャン」、下肢静脈エコー検査などのメニューも充実。巡回健診車で事業所健診やインフルエンザの予防接種も行っていますのでご相談ください。


医療法人 福翔会 福岡病院 理事長 兼 院長

福岡 英信

 

ふくおか ひでのぶ 日本核医学会・内科医学会・抗加齢医学会・腫瘍学会・放射線腫瘍学会所属。PET核医学認定医。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加