球団初となる3連覇で、27年ぶりに本拠地でのリーグ優勝を決めて胴上げされる広島の緒方監督=26日、広島市のマツダスタジアム

 プロ野球広島カープが27年ぶりとなる地元優勝を果たし、喜びに沸くファン=26日夜、広島市

 プロ野球セ・リーグで優勝へのマジックナンバーを「1」としていた広島が26日、広島市のマツダスタジアムで行われたヤクルト戦に10―0で勝ち、セでは巨人以外で初となる3連覇で9度目の優勝を決めた。本拠地での胴上げは27年ぶり。緒方孝市監督(49)が歓喜の中心で宙を舞った。

 4月24日から首位を譲らなかった。8月15日に優勝マジックが「32」で初点灯。9月にもたついても、ヤクルトに9・5ゲーム差をつけて覇権を守った。7月の西日本豪雨の被災者に勇気を与える戦いぶりを見せた。

 クライマックスシリーズを経て12球団で最も遠ざかる34年ぶりの日本一を目指す。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加