広島市で被爆後に亡くなった台湾籍の女性が被爆者援護法の適用外とされたのは違法として、遺族らが国に損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、広島高裁は26日、請求を退けた一審判決を支持し、遺族側の控訴を棄却した。

このエントリーをはてなブックマークに追加