登山道の規制を麓の長野県木曽町が解除し、御嶽山の山頂に到着した遺族ら=26日午前(共同通信社ヘリから)

 登山道の規制が解除され、御嶽山頂付近に設置された献花台で手を合わせる遺族の男性=26日午前

 2014年9月27日の噴火で58人が死亡、5人が行方不明となった長野、岐阜両県の御嶽山(3067メートル)で、噴火から4年を前に犠牲者の遺族らが26日、慰霊登山をした。麓の長野県木曽町が午前10時半に山頂付近の登山道の規制を解除し、噴火災害後初めて山頂エリアへ入った。

 被災者家族会「山びこの会」の事務局代表シャーロック英子さん(59)は「4年間待ちに待った。今までは写真を見て想像することしかできなかったが、実際にその場所まで行けることは遺族にとってとても大事なことだと思う」と話した。

 この日は好天に恵まれ、遺族らはリュックに花などを入れて、山道を進んだ。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加