うれしの茶の海外販路開拓に取り組んでいる嬉野市で、米国の茶卸売業者が7日から3日間、茶園や製造工場など一連の施設を視察した。訪れたのはカリフォルニア州バークレーのバイヤー、アリ・ロスさん(30)。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加