大谷翔平選手

 米大リーグ、レンジャーズ戦前に報道陣に対応するエンゼルスのマイク・ソーシア監督=25日、アナハイム(共同)

 【アナハイム共同】米大リーグ、エンゼルスは25日、大谷翔平(24)が10月の第1週にロサンゼルスで、医師から勧告されていた右肘の靱帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)を受けると発表した。投手復帰まで1年以上を要し、投打の「二刀流」復活は2020年シーズン以降となる。

 マイク・ソーシア監督(59)はアナハイムの本拠地エンゼルスタジアムでのレンジャーズ戦前に取材に応じ「投げるよりも打つ方で先に帰ってくる。それ以降はまだ分からないが、ちゃんとした判断をしていく」と語った。打者として来季開幕に間に合うかどうかは「今の時点で言うのは難しい」と話した。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加