Q 先日主人(長男)が亡くなり、今後、遺産の整理をしなければならないのですが、自宅の土地が主人の祖父名義のままになっていました。祖父は昭和30年に亡くなっています。今の自宅には、義父も住んでいたため、義父、主人の順で相続していると思っていたのですが、今回、登記を見てみると、義父にも主人にも名義変更がされていませんでした。なお、義父は昭和60年に亡くなっており、主人には兄弟もいます。

 A 相続財産である不動産は、遺産分割協議が整わなければ名義を変更できないのが原則です。

 そして、不動産の名義が先代、先々代のままになっているケースは結構多く、そのような場合には、最初に確認するポイントが2つあります。

 一つは、「家督相続」の適用があるかということです。旧民法下では、家督を相続した戸主が全財産を相続することになっていたため、場合によっては遺産分割が不要となる場合があります。

 二つ目は、遺産分割協議が成立しているか、という点です。

 御祖父様が亡くなられた当時は、家督相続の時代ではなく、また、登記名義も変更されていないということであれば、遺産分割協議も行われていなかったのではないでしょうか。そうすると、御祖父様の相続人の間で遺産分割協議を行わなければなりません。ご主人のお父様にもご兄弟がいらっしゃった場合には、そのご兄弟も含めて協議をする必要がありますので、協議をしなければならない相続人が多数に上ることもありえます。

 相続人が多数に上る場合、一部の相続人が遠方に住んでいたり、疎遠で住所が分からなかったりなどの事情で分割協議が進まず、土地の名義が変えられないといったケースもあるようです。そのような場合には早めに弁護士にご相談されることをお勧めします。(弁護士・佐藤潤一 佐賀市)

このエントリーをはてなブックマークに追加