殺人未遂があった民家(右)に駆け付けた警察車両と署員=神埼市神埼町

 神埼署は24日、同居する息子を刃物で刺した殺人未遂の疑いで、神埼市神埼町、アルバイト従業員の父親(73)を現行犯逮捕した。腹のあたりを刺された息子(42)は、佐賀市内の病院に運ばれた。

 逮捕容疑は24日午後6時半ごろ、自宅で、殺意を持って包丁のような刃物で息子の腹部付近を刺した疑い。容疑者は「口論になった。私が刺したんだと思います」と容疑を認めている。

 神埼署によると、容疑者は息子と2人暮らし。息子とみられる男性から110番があり、署員が現場に駆け付けた。容疑者の呼気からは1リットル当たり0・05ミリグラムのアルコールが検出された。同署は動機などを調べている。

 近所の男性は「(容疑者は)温厚な印象の人で、家から怒鳴り声などが聞こえてきたこともない。刺すなんて、よっぽど何かあったのか」と驚いた様子だった。

このエントリーをはてなブックマークに追加