女子70キロ級決勝 フランスのマリエーブ・ガイーを破り2連覇を果たしガッツポーズする新井千鶴=バクー(共同)

 女子70キロ級で2連覇を果たし、金メダルを手に笑顔の新井千鶴=バクー(共同)

 【バクー共同】柔道の世界選手権第5日は24日、バクーで男女各1階級が行われ、女子70キロ級で新井千鶴(三井住友海上)が決勝でマリエーブ・ガイー(フランス)に一本勝ちし、2連覇を果たした。同級の日本勢による2連覇は隔年開催だった2001、03年の上野雅恵以来で15年ぶり。

 女子70キロ級で初出場の大野陽子(コマツ)、男子90キロ級で初出場の長沢憲大(パーク24)は銅メダルを獲得。ともに準々決勝で敗れたが、敗者復活戦と3位決定戦を制した。

 日本は男女計10階級で全選手が表彰台に立ち、金5、銀5、銅3個のメダルを獲得している。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加