WBOフライ級タイトルマッチで判定勝ちした田中恒成。世界3階級制覇を達成した=24日午後、名古屋市の武田テバオーシャンアリーナ

 3回、木村翔(右)を攻める田中恒成=武田テバオーシャンアリーナ

 世界ボクシング機構(WBO)フライ級タイトルマッチは24日、名古屋市の武田テバオーシャンアリーナで行われ、田中恒成(23)=畑中=が王者の木村翔(29)=青木=を判定で破って日本人6人目の世界3階級制覇を達成した。23歳3カ月での到達は日本人最年少で、プロ12戦目での達成は世界最速に並ぶ。

 田中は岐阜・中京高(現中京学院大中京高)時代に高校4冠に輝き、2013年にプロデビュー。15年に日本最短となるプロ5戦目でWBOミニマム級王座を獲得した。16年にはライトフライ級でも王者になり、日本選手最速タイのプロ8戦目で2階級を制した。

このエントリーをはてなブックマークに追加