中国旗と米国旗=16日、北京(AP=共同)

 米ジョージア州サバナの港にあるコンテナ=7月5日(AP=共同)

 【ニューヨーク、北京共同】トランプ米政権は24日午前0時(日本時間午後1時)すぎ、中国の知的財産権侵害に対抗し、2千億ドル(約22兆5千億円)相当の中国からの輸入品に10%の追加関税を課す制裁第3弾を発動した。日用品に対象が広がり、総額は輸入額のほぼ半分となる計2500億ドルに達した。中国も新たに600億ドル(約6兆6千億円)相当の米国からの輸入品に5%か10%の追加関税を課す措置の発動に踏み切った。

 世界1、2位の経済大国間の「貿易戦争」は拡大する一方で長期化懸念が強まっている。米個人消費や中国企業への悪影響は不可避で、世界経済の先行きに影を落とす。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加