■40分間1枚の紙に向き合う 武雄市の朝日小(永石一哉校長、430人)で10日、140年以上続く伝統の「席書会」があった。全校児童が心を込めて筆を運んだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加