陸上の全日本実業団対抗選手権は男子100メートル準決勝が行われ、山県亮太(セイコー)が10秒14で1組1着、桐生祥秀(日本生命)は10秒21で2組1着となり、ともに決勝に進んだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加