トヨタ紡織九州-豊田合成 相手の厳しいマークに遭うトヨタ紡織九州のLB朴永吉(中央)=小城市の芦刈文化体育館(撮影・山口源貴)

佐賀新聞社が発行した特集紙面に見入る高校生=小城市の芦刈文化体育館

  第43回日本ハンドボールリーグ第1週第1日は22日、佐賀県小城市の芦刈文化体育館などであり、トヨタ紡織九州レッドトルネード(神埼市)は豊田合成(愛知県)に26-37で敗れた。

 立ち上がりから追いかける展開となったトヨタ紡織九州は、CB金東〓(吉を横に二つ並べる)(キム・ドンチョル)のパスが通らずに苦戦。前半を14-15で折り返した。後半は序盤にパス、シュートのミスが続き、徐々に点差を広げられた。

 トヨタ紡織九州の第2週は連戦となる。29日は午後1時から愛知県の豊田合成アリーナでトヨタ自動車東日本(宮城県)と対戦し、30日は午後1時から同会場で大崎電気(埼玉県)と戦う。

豊田合成(1勝)37(15―14、22―12)26 トヨタ紡織九州(1敗)

大同特殊鋼(1勝)29(17―12、12―12)24 トヨタ自動車東日本(1敗)

トヨタ車体(1勝)32(17―12、15―13)25 湧永製薬(1敗)

大崎電気(1勝)39(18―13、21―11)24 北陸電力(1敗)

このエントリーをはてなブックマークに追加