しっとり秋の風情が漂う華展=唐津市西城内の旧大島邸

 華道池坊唐津支部(納冨五鈴支部長)の華展が23日まで佐賀県唐津市西城内の旧大島邸で開かれている。リンドウやヒガンバナ、カラスウリなど秋の草花を使った65点が並んでいる。

 「今咲いている花はなに」をテーマにした支部展で、今回は「秋」。華展担当の一條明美さん(65)は「花材を求めて里山を歩くのも楽しみで、やっぱり季節は秋が一番」と話す。

 ただ今年は酷暑の影響か、野山にコスモスが少ないといい、急きょ、北海道から取り寄せた。明治時代の邸宅の一角には茶席が設けられ、来場者はようやく訪れた秋の風情に浸っていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加