【北京共同】新華社電によると、中国共産党中央軍事委員会は22日夜、ロシアからの武器購入取引に関わったとして米国が同委員会の部署などを制裁対象に指定したことに対し、北京の米国大使館の駐在武官代理を呼び出し厳重に抗議し、撤回するよう求めた。

このエントリーをはてなブックマークに追加