【テヘラン共同】イランのザリフ外相は22日、南西部アフワズの銃撃について「外国の政権に雇われ、訓練されたテロリストが攻撃した」とツイッターに投稿し、米国の支援があったとの考えを示した。

このエントリーをはてなブックマークに追加