プロ野球西武戦で通算2千安打を達成し、記念のボードを掲げるロッテの福浦和也内野手=22日、千葉市のZOZOマリンスタジアム

 プロ野球西武戦の8回、ロッテの福浦和也内野手が右越え二塁打を放ち、史上52人目の通算2千安打を達成=22日、千葉市のZOZOマリンスタジアム

 ロッテの福浦和也内野手(42)が22日、ZOZOマリンスタジアムで行われた西武24回戦の八回に小川から右越え二塁打を放ち、史上52人目の通算2千安打を達成した。42歳9カ月での到達は、2015年6月11日に42歳11カ月で達成した和田一浩(中日)に次ぐ史上2番目の年長達成。ロッテでは1968年の榎本喜八、85年の有藤道世に次いで3人目。

 福浦は97年7月5日のオリックス戦に先発してプロ初出場を果たすと四回にフレーザーから初安打をマーク。25年目の今季は残り38本からスタートして、開幕から82試合目の出場で到達した。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加