佐賀県農業大学校(佐賀市川副町)は、意欲的に経営発展に取り組む農業者を支援する「さが農業経営塾」の冬期コースを12月に開講する。経営の専門家や農産物の生産、流通分野の著名講師らを招き、実践に結びつく研修を行う。受講無料。

 農業経営発展コース「雇用型・法人経営」と農業経営発展コース「販売力強化」の2部門があり、講座は来年2月まで各6回。ともに経営開始後3年程度以上の10人程度を募集する。

 雇用型・法人経営(12月11日開講)は、経営者意識や事業戦略を学ぶほか、会計や税務の基礎、従業員育成のあり方、経営法人化のメリットやデメリットなどの基本的知識やノウハウを身につける。

 販売力強化(12月13日開講)は、マーケティング概論やニーズ把握、ターゲットの分析と絞り込み、販売戦略に必要な管理会計などの講座に加え、商品企画書の策定や模擬商談会も予定している。

 締め切りは11月22日。両コースとも12月6日午後1時から、県農業大学校でオリエンテーションと開講式を行う。申し込み・問い合わせは研修業務委託先のトーマツ福岡事務所、電話092(751)1129。

このエントリーをはてなブックマークに追加