iPS細胞から作った血小板を輸血する臨床研究のイメージ

 iPS血小板を難病の患者に輸血する、京都大の臨床研究の実施を了承した厚生労働省の専門部会=21日午後

 厚生労働省の専門部会は21日、さまざまな細胞に変化する人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作った血液成分「血小板」を難病の患者に輸血する京都大の臨床研究の実施を了承した。

 不足しがちな血小板の献血に代わる新たな供給源として期待されており、今回の臨床研究は実現に向けた一歩となる。iPS細胞の再生医療が認められたのは国内で4種類目で、血液成分を使うの初めて。

 計画では、赤血球や血小板などが減少する「再生不良性貧血」の患者のiPS細胞から止血作用のある血小板を作り、この患者に輸血。安全性などを確認する。

このエントリーをはてなブックマークに追加