厚生労働省の専門部会は21日、人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作った血液成分「血小板」を難病の患者に輸血する京都大の臨床研究の実施を了承した。

このエントリーをはてなブックマークに追加