贈収賄事件で懲戒処分を受け、文部科学省事務次官を辞任した戸谷一夫氏は21日、記者団の取材に応じ「処分を重く受け止めている。国民に不信を与えてしまい、深く反省している」と謝罪した。

このエントリーをはてなブックマークに追加