養殖アカガイの鋤簾(じょれん)漁は5月に始まり、7月まで続く。6月に入るとアカガイが卵を放出するので、海中に浮遊している幼生を付着させるための笹竹(ばさら)をアカガイ床に立てる作業が始まる。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加