世界最大級のワイン品評会(日本酒部門)で世界一に輝いた銘柄「鍋島」を手がける富久千代酒造(鹿島市)の飯盛直喜社長が14日、佐賀市で講演し、地域と連携した情報発信を続ける鍋島の歩みについて語った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加