近年生息数の減少が著しい水産資源を次代に受け継ぐため、久留米市の下筑後川漁業協同組合(原口勝良組合長)は11日、佐賀県と福岡県の県境を流れる筑後川と宝満川でニホンウナギの稚魚を放流した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加