液状化した苫東厚真火力発電所の敷地=20日午後、北海道厚真町

 北海道電力は20日、北海道の地震で停止した苫東厚真火力発電所2号機(厚真町、60万キロワット)が来週前半にも再稼働すると明らかにした。20日から試運転に入り準備作業を進める。

 当初、10月中旬以降の再稼働予定だったが、損傷が少なかったためスケジュールを早める。

 19日に1号機(35万キロワット)が再稼働しており、残る最大出力の4号機(70万キロワット)も可能な限り早期の再稼働を目指す。供給力の増強を急ぎ、暖房使用が増える冬の需要拡大に向け体制を強化する。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加