熊本地震による家屋の倒壊を受けて佐賀県内に一時避難をする被災者は、公営住宅には13日現在、25世帯59人が身を寄せている。宿泊施設への一時避難も多く、1日当たり100人前後が仮暮らしを強いられている。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加