九州・沖縄の地方銀行21行の2016年3月期決算が13日、出そろった。貸出金や株式売却益が増加し、16行の純利益が前期と比べ増益となった。このうち福岡銀行(福岡市)など10行が過去最高だった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加