アスレチックス戦の7回、遊撃への内野安打を放つエンゼルス・大谷=オークランド(共同)

 【オークランド共同】米大リーグは19日、各地で行われ、エンゼルスの大谷がオークランドでのアスレチックス戦に「4番・指名打者」で先発出場し、3打数1安打で途中交代した。チームは0―10で大敗した。

 ダイヤモンドバックスの平野はカブス戦で7―0の八回から今季73試合目の登板を果たし、大塚晶文、上原浩治が持つ日本人メジャー投手のシーズン最多記録に並んだ。1回を無安打無失点、1三振で勝敗などは付かなかった。チームは9―0で勝ち、連敗を4で止めた。

このエントリーをはてなブックマークに追加