テックビューロが入居するビル=20日午前、大阪市

 仮想通貨交換業者のテックビューロ(大阪市)は20日、同社のシステムが不正アクセスされ、ビットコインなど取り扱っている3種類の仮想通貨計67億円相当が外部に流出したと発表した。このうち約45億円が顧客から預かっている資産。現在、仮想通貨の入出金等のサービスを停止している。

 事態を受けてテックビューロは、金融情報サービスを手掛けるフィスコの子会社に50億円の金融支援を要請し、傘下入りすることも合わせて発表した。

 テックビューロの発表によると、9月14日午後5時から7時ごろまでに外部から不正アクセスを受けた。17日に異常を検知し、18日に被害が分かったという。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加