北海道電力の苫東厚真火力発電所=6日、北海道厚真町

 経済産業省は19日、北海道の地震発生から全域停電(ブラックアウト)まで約18分間の道内の電力需給データを公表した。北海道電力が3回強制停電を実施し、他の電源確保も合わせ、2回目まで需給バランスを回復して全域停電を回避したが、3回目は十分な効果を得られず全域停電に至ったことが分かった。経産省は電力供給指示の人為ミスは把握していないと明言した。

 データは需給バランスを表す電気の周波数を表示。地震前は50ヘルツと正常だった。地震発生から1分後、北海道電の火力、苫東厚真発電所(厚真町)の2号機、4号機が安全装置の働きで停止。周波数は46ヘルツ近くまで下がった。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加