大井競馬の的場文男騎手は19日、同競馬場で行われた東京記念でシュテルングランツに騎乗して1着となり、自らの持つ最年長重賞勝利記録を62歳12日に更新した。重賞勝利は38年連続となった。

 同騎手は8月に地方競馬最多勝の新記録となる通算7152勝を達成。この日も2勝を挙げ、7169勝とした。

このエントリーをはてなブックマークに追加