地震で落下した恵庭南高の体育館の窓枠=18日、北海道恵庭市

 最大震度7を観測した北海道の地震で、道内の国公私立の小中学校、高校、大学などの教育施設への被害が少なくとも計354に上ることが、文部科学省や道の集計で19日までに分かった。窓ガラスの破損が目立ち、天井や照明の落下も。発生時間によっては児童や生徒らが負傷した可能性があり、文科省は余震への警戒と校内の安全対策を呼び掛けている。

 文科省や道によると、これまで被害が確認された施設は幼稚園41、小学校136、中学校67、高校66、特別支援学校12など。震度7の厚真町、最大で震度6弱を観測した札幌市やその周辺に集中している。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加