再稼働に向け試運転が続く北海道電力の苫東厚真火力発電所1号機=18日午後、北海道厚真町

 北海道電力が再稼働させると発表した苫東厚真火力発電所1号機(左下)=12日、北海道厚真町(共同通信社機から)

 北海道電力は18日、同日中を目指していた苫東厚真火力発電所1号機(厚真町)の再稼働が19日午前9時以降にずれ込むと発表した。試運転中、一部の工程に時間を要したが設備トラブルではないと説明。「慎重に慎重を重ねて機器の健全性を確認している」としている。

 苫東1号機再稼働後の北海道電の供給力は400万キロワット近くまで高まり、この時期の最大需要を安定的にカバーできるレベルに回復する。地震に伴う特別の節電は終了し、19日以降は例年通り「無理のない範囲の節電」に緩和する。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加