死去した山本KID徳郁さん

 レスリングや総合格闘技で活躍したプロ格闘家の山本KID徳郁(本名岡部徳郁=おかべ・のりふみ、旧姓山本)さんが18日、死去した。がんのため闘病していた。同日、所属先が明らかにした。41歳。神奈川県出身。

 1972年ミュンヘン五輪レスリング代表の郁栄氏を父に持ち、姉の美憂さん、妹の聖子さんは女子の世界選手権を制している。山本さん本人はレスリングから総合格闘技に転向し、人気選手として活躍した。2007年にはレスリングに復帰して08年北京五輪出場を目指したが、かなわなかった。

このエントリーをはてなブックマークに追加