佐賀市の龍谷こども園が、4、5歳児約50人に手話を学ぶ時間を設けている。言語習得が早いとされる幼児期に手話にふれることで、会話手段としての手話や聴覚障害者の存在の理解を促す狙いがある。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加