県アマチュア野球王座決定戦で4連覇を果たしたひらまつ病院。小峰禎之監督(中央)を胴上げする選手たち=佐賀市のみどりの森県営球場

 第56回佐賀県アマチュア野球王座決定戦大会(佐賀新聞社主催、県軟式野球連盟主管)最終日は17日、佐賀市のみどりの森県営球場で準決勝と決勝があり、小城市のひらまつ病院が大会初の4連覇で8度目の優勝を飾った。

 ひらまつ病院は決勝で朝日I&Rクラブ武雄(武雄)と対戦。終盤に本塁打や三塁打を含む集中打で突き放し、5-1で快勝した。

 閉会式では、佐賀新聞社の田中稔営業局長や県軟式野球連盟の古賀盛夫会長が選手に賞状やメダルを贈り、健闘をたたえた。

このエントリーをはてなブックマークに追加