ハンドボール成年男子準決勝・佐賀-埼玉 後半、シュートを放つトヨタ紡織九州のLB八巻雄一=福井県営体育館

 第73回国民体育大会「福井しあわせ元気国体」は15日、福井県営体育館などでハンドボール、水泳、クレー射撃の3競技があった。佐賀県勢はハンドボール成年男子のトヨタ紡織九州レッドトルネード(神埼市)が準決勝で埼玉県代表の大崎電気に20-28で敗れ、16日の3位決定戦に回った。

 水泳は競泳成年男子200メートル個人メドレーの野﨑充(鹿屋体大)が6位入賞。同少年男子B100メートル自由形の柳本幸之介(青嶺中)は7位に入った。クレー射撃は成年スキートと同トラップの第3ラウンド途中までがあり、佐賀県勢は成年スキート団体が30位、同トラップ団体が21位だった。

 16日は3競技があり、トヨタ紡織九州は3位決定戦で宮城県代表のトヨタ自動車東日本と対戦する。

▽成年男子準決勝

埼玉(大崎電気)28―20佐賀(トヨタ紡織九州)

 ▽トラップ団体50個 (21)佐賀118点(早木41、坂本38、森田39)

 ▽トラップ個人50個 (39)早木良太41点(18、23)(72)森田光明39点(19、20)(82)坂本昭一38点(17、21)

 ▽スキート団体50個 (30)佐賀105点(古野38、池田33、西山34)

 ▽スキート個人50個 (63)古野雅也38点(21、17)(88)西山朝春34点(19、15)(91)池田美千男33点(18、15)

 【成年男子】

 ▽200メートル個人メドレー予選

 「2組」(4)野崎充(鹿屋体大)2分3秒22=決勝進出

 ▽同決勝 (6)野崎充(鹿屋体大)2分2秒88

 【少年男子A】

 ▽200メートル背泳ぎ予選

 「3組」(5)松田龍(佐賀学園高)2分7秒18=落選

 ▽200メートル平泳ぎ予選

 「1組」(6)居石錬成(佐賀商高)2分19秒94=落選

 ▽800メートルリレー予選

 「2組」(6)佐賀(伊藤、松田、藤田、鶴木)7分46秒72=落選

 【少年男子B】

 ▽100メートル自由形予選

 「3組」(1)柳本幸之介(青嶺中)52秒36=決勝進出

 ▽同決勝 (7)柳本幸之介(青嶺中)52秒70

 【少年女子】

 ▽高飛び込み (13)村山聖来(致遠館中)193・00点

 

懸命の守備及ばず3位決定戦へ

 ハンドボール成年男子のトヨタ紡織九州レッドトルネード(神埼市)は、準決勝で埼玉県代表の大崎電気に20-28で敗戦。大会連覇を狙う王者に懸命の守備で食い下がったが、最後は決定力の差が勝負を分けた。

 序盤は互角に渡り合った。立ち上がりからGK岩下祐太が相手シュートを連続ブロック。今季リーグ戦に向けて習得中の積極的に前に出る守備も機能して、前半10分まで相手の得点をわずか2点に押さえ込んだ。

 前半15分までは4-4の同点と思惑通りのロースコアに。しかし、その後は相手の高い壁を前にシュートミスが続いて失速し、追い上げを図った後半も修正できず、さらに点差を広げられた。

 「シュートをあれだけ外して勝てるほど甘くはない」とコーチの金明恵(キム・ミョンヘ)氏。「守備は悪くなかったのにもったいない」と決定力不足を悔やんだ。

 16日の3位決定戦へ向け、田中大斗主将は「攻撃のミスを減らし、なんとしても昨年以上の成績を残したい」と気持ちを切り替えた。

このエントリーをはてなブックマークに追加