油圧バルブを主に製造している鶴沢鉄工所(本社・佐賀市、鶴澤順一社長)は17日、小城市と進出協定を結んだ。売り上げの約7割を占める機械事業部を配転させ、2017年6月から稼働する。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加