【ソフィア共同】世界反ドーピング機関(WADA)は14日、資格停止中のロシア反ドーピング機関(RUSADA)について、コンプライアンス(法令順守)審査委員会から資格回復の提案を受けたと発表した。20日の理事会で審議する。

このエントリーをはてなブックマークに追加