漁業者から話を聞く公共事業チェック議員の会の議員ら=太良町大浦の竹崎城址展望台

 超党派の野党系国会議員でつくる「公共事業チェック議員の会」が14日、国営諫早湾干拓事業の現地視察で佐賀、長崎県を訪れた。潮受け堤防排水門の開門を求める漁業者や干拓営農者から被害の実情を聞き取り、「両者が共存できないことはあってはならない。国の施策はズレている」と批判した。

 藤津郡太良町では、議員4人が原告漁業者と意見交換した。ノリ漁期が近づく漁業者からは、堤防内の調整池から諫早湾に排出される淡水が漁場環境を悪化させているとして「国は排水対策や水質改善に『努力します』といって逃げるばかりだ」と指摘した。開門訴訟に関しては「(福岡高裁判決の論拠である)共同漁業権が途切れるというのは絶対に認められない」との声が上がった。

 同会事務局長の初鹿明博衆院議員(立民)は、営農者側が開門を求めて訴訟を提起した事実を重く捉え「これまでの農水省の主張は覆る。両者が納得する選択肢は開門以外なくなっている」と話した。「無所属の会」の大串博志衆院議員(佐賀2区)も同行し、「排水実績に目を光らせてチェックし、漁業権の性質についても問うていきたい」と述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加